インプラント治療も万能ではなく基本的には治

インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんにお奨めします。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは入れ歯にくらべ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合指せてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りでおこないます。
使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行なうこともあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院してうけることもあります。
自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。治療をはじめるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査をおこない、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療をうけられます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療もオワリます。
それからも定期的なメンテナンスをうけなければなりませんのでその都度、費用がかかります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯医者に診て貰うことになります。
この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいて下さい。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯根と、その上の義歯造りの治療です。
ブリッジや入れ歯との根本的なちがいとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいて下さい。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯医者選びに全力を尽くしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ