かには食用だけでも数え切れない種類があり

かには食用だけでも数え切れない種類があり、一番メジャーなのはタラバガニだと言えます。後は、北海道の毛ガニも有名ですね。
タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、新鮮であるほど硬い毛が密集していて、通の味ともいわれています。
身や味噌の味といえば、ズワイガニも固定ファンがいます。
もちろん産地によっても味は異なり、人それぞれ、好きなかにがあるんですね。
ネットで少し検索すれば、10件や20件では聴かないくらい、レビューや口コミというのはネット上にたくさんありますよね。
レビューといえば楽天やアマゾンがまず思いつきますが、そういったサイトのレビューをまず参考にするという方も多いでしょう。また、ブログなどでも蟹ネット販売の口コミをまとめ立ところがあるようです。
ここまで多いと、役に立つ情報を取捨選択するのも大変です。
そんな中で、何を参考にすればいいのでしょう?レビューや口コミの情報は主観が多く、あてにならない部分もあります。
それよりも、取引実績のちゃんとしている業者を選ぶことです。そうすれば信用できる業者から蟹を買うことができますね。
お取り寄せで買えるかにの中でもタラバガニは不動の地位を占めていますが、大切な点を一つお教えします。
タラバガニに酷似したアブラガニという安いかにがいます。ごまかされてもおかしくありません。
注文したのはタラバガニのはずなのに、アブラガニだという指摘を受けた話は絶えません。値段もさることながら、評価の高い業者を選びましょう。
活かには下ごしらえしてから茹でましょう。
きれいに洗ったら、30分程度水につけます。
殻で手を切らないよう、軍手をはめてください。
腹の三角形部分に指を入れて外し、要所の関節に切れ目をつけます。次に甲羅と半身を離します。
両手で持って、半身の一方を外し、さらにもう一方を外します。
残った胴は黒い部分と全体の汚れを除き、かに味噌は取り分けておきましょう。脚をばらばらにし、大聞ければ関節で切って、縦に切れ目を入れるか、殻を一部削いでおいたりすると、後で楽です。
一度やってみれば、きっとコツがわかってくるでしょう。
蟹ネット販売では実に多様な種類の蟹を買うことができます。
中でも選んでおいてまずマチガイがないのは、水揚げ(切花が長持ちするように、水切りなどを行うことも水揚げといいますね)後まもない時の鮮度を閉じ込めた「冷凍の蟹」です。一見、冷凍より生の蟹のほうが美味しいと思うでしょうが、上手に調理すれば冷凍蟹に優るとはいえ、素人には捌きづらいというデメリットも抱えています。茹で加減や味付けなどもコツが必要で、無用な失敗の持とですので、あらかじめ茹でてある蟹を買ったほうがいいと私は思います。
はじめて蟹ネット販売を利用する方にお薦めしたいのは、殻が向いてあって食べやすく、量も多いポーションタイプの商品です。活蟹には活蟹にしかない美味しさがありますが、いかんせん、捌くのも殻を向くのも大変ですよね。
どうすれば蟹を手軽に味わえるのかは永遠のテーマでしたが、その点では蟹ネット販売で買ったポーションの蟹を解凍し、蟹鍋にするのが最もお薦めです。
これなら家族揃って楽しめますね。それと、蟹を一杯丸ごと味わいたいという場合は、身の崩れた蟹などを安く売っている「理由あり蟹」を選べば、お得に蟹を堪能することができます。
今後はこれで決まりですね!蟹好きの私には嬉しい時節になりました。
何より蟹が大好きな私。新鮮で美味しい蟹を味わうために、長期の休みを使って北海道へ飛ぶのが、もう十年来の習慣となっています。
私が毎年必ず足を運ぶのは、昔からの知り合いのお店でもある、道南は函館の蟹専門店です。地元の人にも人気のお店です。
他では味わえないような、新鮮さを生かした蟹料理の数々が、これでもかとばかりに出てきます。
この冬も勿論その店を訪れますよ!いろいろな方から、一番美味しいかにはとしょっちゅう聞かれますが、答えはいつも決まっています。
ズワイガニです。
ズワイガニは、産地の名を冠するかにが多く地域の特産品になっており、立とえば松葉ガニ、あるいは越前ガニというご当地ブランドのズワイガニならば味の保証ができます。少々お高いのはブランド料だと考えてください。
ブランド品のかには味噌もオイシイとすすめています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ